Tiny garden

総務課の播上君のお弁当 ひとくちもらえますか?(Web版タイトル:ランチからディナーまで六年)

総務課の播上君のお弁当
発売日
2021/05/11
あらすじ
“メシ友”から恋人へ。お弁当が結ぶ、ちょっぴり鈍感でのんびり屋さんの恋愛ストーリー!
札幌の企業に就職し、新生活をスタートさせた料理男子・播上。昔から料理好きで毎日弁当を持参していた播上は、ある日弁当袋を手に暗い顔の同期の清水に気づく。
声を掛けると「仕事も順調、お弁当もしっかり作っている播上君に比べて、私なんか……」と落ち込んでいた。
励ますべく、おかずを一切れプレゼントしたことから、二人は“メシ友”となる。
波乱の会社員生活。清水に励まされ癒やされる日々だったが、いつの間にか生まれていた彼女に対する恋心に気づき――? (宝島社 宝島チャンネルから引用)
イラスト
くにみつ先生
定価
715円
出版社
宝島社
レーベル
宝島社文庫
ISBN
978-4-299-01631-7
電子書籍
Kindle

書籍版番外編

こちらの番外編は、書籍版の内容に準じ舞台設定が北海道札幌市になっております。
ネタバレはちょっとしかありません。
寝坊した日
播上が寝坊をした日のお弁当
給料日の前の日
播上と清水の節約お弁当
ちょっと贅沢をした日
北海道の旬の味覚を楽しむお弁当
故郷の味が恋しい日
ラーメンをお弁当にする播上
不思議なご縁を感じた日
播上が子供の頃に読んだ本について

サイト版データ

アドレス
tg1130.sakura.ne.jp/6th/top.html
小説家になろう版:ncode.syosetu.com/n0938ej/
サイト版あらすじ
「メシ友」。同期入社の播上と清水の関係は、そういう呼称から始まった。
料理好きの二人が一緒にお弁当を食べたり、レシピや料理のコツを教え合ったりしつつ、六年かけて友達じゃなくなるまでの話。

リンク

出版社様のサイト
▲top