Tiny garden

Novel

人狼閣下と道化の仕立て屋

第一部
人狼閣下と道化の仕立て屋 1  
ガラクタの街のあるきかた 1    
人狼屋敷の甘美な記憶 1     
男装婦人の恋と憧憬 1     
我が愛しのフロリア嬢 1     
繋がれて、絡め取られて 1    
夜が明けたらくちづけを 1     
道化の仕立て屋、営業中 1 

第二部
逢瀬の暇もないくらい 1   
未来への契り 1   
狩るものと狩られるもの 1     
再会の時を待て 1     
狼は群れを成す 1    
この手を離さずに 1    

第三部
花嫁たちは美しく 1   
手で触れてわかること 1    
忘れがたい一夜 1     
いつか、どこかで 1   
祝福された人々 1    
深い眠りから覚めた後 1     
あなたに伝えたいこと 1   
相手にとって不足なし 1     
『彼』の最後の大仕事 1      
針と糸 1      
新しい扉の向こう 1    

あらすじ
仕立て屋ロックは道化である。本名をロクシー・フロリアといい、店では男のふりをしている。だがある夜、ロックの店を訪ねてきたのは更なる道化、伯爵と名乗る人狼だった。
実は人狼の伯爵閣下と、実は女の子な男装仕立て屋のラブコメディ。
カテゴリ
伯爵×仕立て屋、人狼、男装、異世界ファンタジー
完結日
20/11/13
小説家になろう版
備考
19/08/05にCross Infinite World様より英訳出版されました(詳細)

後日談

マティウス伯爵夫人の日常・平日編 1 
ロックとエベルの結婚後の話。
マティウス伯爵夫人の日常・休日編 1 
上のお話の続き。休日の過ごし方について。

登場人物

ロクシ―・フロリア(ロック)
貧民街に店を構える男装の仕立て屋。農村出身で色恋沙汰に疎い二十歳。
エベル・マティウス
人狼の伯爵。性格は明朗かつ前向きだが、少々嫉妬深いのが欠点。
フィービ
見た目は長身かつ骨太な年齢不詳の美女。ロックの店で働く店員であり、後見人でもある。
▲top