Novel

セクシーボイス

セクシーボイス
スイッチ
Honey
聖域

作品紹介

あらすじ
演劇部専属作家の長嶺。彼女の夢は後輩の氷見に世界最高の台詞を捧げることだった。 ふたりきりの部活動にて巻き起こる、気障で甘ったるい騒動とは。
カテゴリ
高校生×高校生、先輩後輩、年の差(一歳)、部活仲間(演劇部)
完結日
08/02/18
原稿用紙換算
89枚
参加企画
恋愛遊牧民SS「2008年冬の短編」

後日談

乙女のエマージェンシー
進級後、春の話

甘い台詞にご用心
夏の話

男性心理の単純さについて
秋の話、氷見視点

或る天才の愛と生涯 前編 後編
秋、文化祭の話

ラストステージ×リーサルウェポン
長嶺卒業時の話

お迎えに上がりましょう
長嶺の進学後の話

チケットのない舞台
氷見の高校卒業話

声だけじゃ足りない
新婚編、氷見視点

その名前は希望
より幸せな新婚編、氷見視点

登場人物紹介

長嶺 映子(ながみね えいこ)
演劇部所属の二年生(後日談では三年生)。自称専属作家、部では脚本書きが主な仕事。
重症の夢想家で、ロマンチックな台詞が大好き。しかし自身の恋愛には恐ろしく疎い。

氷見 拓(ひみ ひらく)
演劇部の看板俳優で長嶺よりも一年後輩。
利発そうな面立ちと、甘い低音の声の持ち主。長嶺に対してはいささか生意気。