Novel

端居して穏しき日の過ぎ行くさまを

端居して穏しき日の過ぎ行くさまを 前編 後編

作品紹介

あらすじ
夏休みに生まれ故郷へ帰ってきた文寿。何もない田舎町の片隅、縁側で過ごす穏やかな一日の話。
カテゴリ
大学生×社会人、幼なじみ
完結日
06/08/01
原稿用紙換算
40枚
DL版
本編(11kb)
参加企画
競作企画「夏祭り」

後日談

朝涼、辿って
本編から約一年後の話、初枝視点

風光る
文寿の、大学卒業後の話

夏支度
同棲を始めたふたりの話

登場人物

岡山 文寿(おかやま ふみかず)
無愛想かつ無気力な大学生。子どもの頃のあだ名は「ふうちゃん」。

白川 初枝(しらかわ はつえ)
文寿の幼馴染みで快活な少女。子どもの頃のあだ名は「はっちゃん」。