Novel

晩夏、来た道、振り返る

眩暈
焼きつく
振り返れば彼が居た
脳裏
あの日の空の下
翳む水蒸気
その名を呼ぶよ
胸に蝉の音
夏日記
宵空花火、夢現。
AM4:56
恋人期間
二十二日間の残像
通り雨
大丈夫だから
耳鳴り
炎天
青の残り香
泪涸れるほどの
地平線の夢
影踏み
もうすぐ蛍も消える

作品紹介

あらすじ
夏の終わり。勤務先が倒産し、行く先をなくした菜月。 元クラスメイトの部屋に転がり込み、彼と束の間の同居生活を送ることとなる。
カテゴリ
大学生×社会人、元クラスメイト、同居
完結日
06/07/21
原稿用紙換算
169枚
レイティング
PG-12
使用お題
カタレヤ!様 「夏の残像、二十二」
DL版
本編(41kb)

番外編

母の着物
後日談、お正月の話

晩冬に花、綻ぶ 1      
後日談

登場人物

幸野 菜月(こうの なつき)
23歳、元OL。割とさばけた、竹を割ったような性格。
故郷にいる母親とは折り合いが悪く、ぎすぎすした関係が続いている。

山本 歩(やまもと あゆむ)
菜月の元同級生。一浪の末大学に入り、現在四年生。
マイペースで無口な秀才。笑うと目がなくなる。