Tiny garden

Novel

冬の楽園(2018)

冬の楽園
冬の責任
春の本懐
春の微睡
夏の一驚
夏の追想
秋の感傷
秋の祭典 1 
二度目の冬の現実 1 
三度目の春の正直 1 

あらすじ
写真部員の清田柊は、同じ部活の早坂ふゆ先輩に片想い中。
一つ年上の先輩は美人だけどぼんやりしていて、なかなか話が噛み合わない。
天然で浮世離れした先輩と、実は超鈍感な後輩の、両片想いラブコメディ。
カテゴリ
高校生×高校生、先輩後輩、年の差(一歳)、部活仲間
完結日
18/01/17
原稿用紙換算
235枚
なろう版
関連作品
07年に書いた「冬の楽園」のリメイクです。いくつか設定が異なります。

番外編

最初の春の逢着
先輩視点の出会いエピソード
最初の秋の決意
先輩視点、清田の誕生日話
冬の楽園の裏側
「冬の楽園」先輩視点
春の微睡の裏側
「春の微睡」先輩視点
夏の追想の裏側
「夏の追想」先輩視点
秋の祭典の裏側
「秋の祭典」先輩視点
最後の春の裏側 聖なる夜の葛藤
後日談、クリスマスの話
聖なる夜の白髭
「聖なる夜の葛藤」続編、先輩視点
聖なる夜の変化
「聖なる夜の葛藤」の一年後の話
先見の明
大人になってからの話

登場人物

清田 柊(きよた しゅう)
物語の主人公。ごく普通の男子高校生だが、果てしなく鈍い。
早坂を心から慕っているものの、なかなか踏み出せずにいる。
早坂 ふゆ(はやさか ふゆ)
清田と同じクラブに所属する、美人で小柄な女子高生。
性格はやや浮世離れしていて、のんびり屋。そして清田ほどではないにせよ、鈍い。
▲top