Novel

笑う甘党主義者

笑う甘党主義者 1  
誘う楽観主義者 1  

作品紹介

あらすじ
避暑の為、田舎町にある伯父の家を訪ねた女子大生・のどか。夜毎見る謎の予知夢に悩まされる彼女は、従弟の海里と共に真相を探ろうとする。
カテゴリ
高校生×大学生、従姉弟、年の差(三歳)、現代ファンタジー
最終更新
15/11/11
原稿用紙換算
126枚
ストリエ版
http://storie.jp/user/works/view/10137

番外編

企む初恋主義者
「誘う楽観主義者」後日談、海里視点

登場人物

硯 のどか(すずり のどか)
見た目は落ち着いた知的美人。中身は少女よりも少年っぽい女子大生。
夏休み中に訪れた伯父の家で、一風変わった予知夢を見るようになる。

山上 海里(やまがみ かいり)
のどかの母方の従弟で、高校二年生。のどかにとても懐いている。
アーモンド形の目と笑い方が、他界した祖父によく似た少年。