Novel

雪解けの頃

ポーカーフェイスが通じない
あのひとの背中
罪と代償 1 
腕の中の思い出
泣けない夜
ただ歩く 1 
君が居れば
図書室 1 

作品紹介

あらすじ
長い冬の終わり、高校二年としての一年間にも幕が下りる頃。 片想いに悩む湯川には、或る転機と一つの終わりが訪れようとしていた。
カテゴリ
高校生、四角関係、先生と生徒、クラスメイト
原稿用紙換算
132枚
使用お題
「capriccio」様 「交響曲 第一番」
DL版
本編+前日談(51kb)

番外編

「刻限」
本編後日談、笹木視点

関連作品

「軽薄な仮面」
春、前日談
「期限切れのラブレター」
夏、前日談
「フォースアウト」
秋、前日談
「連鎖の果てに」
冬、前日談

登場人物

湯川 こずえ(ゆかわ こずえ)
表向きは明朗快活、内面は生真面目でナイーブな新聞部員。
担任教師の工藤に対し、一年の頃から片想いを続けてきたが……。

工藤 寿志(くどう ひさし)
C組学級担任で、野球部の監督。お人好しの人柄が滲み出たような顔をしている。
校内では愛妻家で有名。その為、生徒にはよくからかわれている。

笹木 俊介(ささき しゅんすけ)
野球部のキャプテン。やや気障で、言うことが詩人がかっている。
主に下級生から人気があるが、その心は二人の少女の間で揺れ動く。

千葉 睦実(ちば むつみ)
男勝りで気の強い女子生徒。思ったことを口にするのは躊躇わない。
湯川とは友人同士だが、恋敵でもある微妙な間柄。

外崎 匠(そとざき たくみ)
口の悪い野球部員。クラスに一人はいるお調子者。

新嶋 典生(にいじま のりお)
ちゃらんぽらんな野球部員。外崎と並んでC組の賑やかし屋。

堤 綾乃(つつみ あやの)
C組のマドンナ的ポジション。生徒会役員。
湯川と千葉の共通の友人だが、二人が想う相手のことは知らない。